処女は少女の代名詞であるが、大人の女性として自信をつけたい

処女喪失および処女喪失後によくある質問

ロストバージン前の「よくある質問」とは別に処女喪失時または処女喪失後のよくある質問をまとめてみました。

Q1: 処女喪失したことによって、もう痛くなりませんか?

Q2: 処女喪失したことによって、もう出血はしませんか?

Q3: 暫くしたらまた閉じてしまうことはありませんか?

Q4: 皆さん、あんなにあそこが濡れるものなんですか?

Q5: 皆さんも、声が自然と出てしまうものなのですか?

Q6: 処女喪失した自覚がありますが妊娠したりしませんか?

Q7: 処女喪失した自覚がありますが、性病などにはなりませんか?

Q8: わたし以外にも処女喪失のサポートを受ける人がいますか?

Q9: どうして、こんなにもスムーズに処女喪失できるのですか?

Q10: あの波打つ感覚が最初は怖かったのですが、また体験したいです...

Q11: 性感帯をもっと開発して欲しいです…

Q12: もう一度、ディープキスの仕方を教わりたいです...

Q13: フェラチオの練習台になっていただけませんか?

Q14: 個人的に一晩中サポーターさんをお借りできないでしょうか?

Q15: 上手にエッチが出来るようにもう一度お願いしたいのですが…

Q16: 彼氏とセックスをする前に、またお願いできませんか?

Q17: サポーターさんから連絡をしてもらえるようには出来ませんか?

Q18: お友達を紹介したいのですが、サポートしてくれますか?

Q19: 私が「止めて」と言っても、思いっきりイカせていただけませんか?

Q20: サポーターさんを好きになってしまいました…

よくある質問の答え

Q1: 処女喪失したことによって、もう痛くなりませんか?

はい。原則ではありますが、処女膜が原因による激しい痛みは生じません。
  処女喪失後に、痛む場所として膣の入り口付近があげられます。
  ここも経験を踏むことによって、皮膚の表皮が厚くなりますので、痛みも消えて行きます。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q2: 処女喪失したことによって、もう出血はしませんか?

はい。破瓜時の出血は一度だけです。ただ膣の奥に溜まった血が後に落ちてくる事があります。
  生理の出血と比較して、止血は早いです。ほとんどの場合、多くの血が出ることはありません。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q3: 暫くしたらまた閉じてしまうことはありませんか?

処女膜は一度開いたら、元には戻りません。
膣の入り口が閉じますが、また性感帯を刺激されることで自然と開きます。
  この開き具合はセックスの経験を重ねることで、コントロールできるようになります。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q4: 皆さん、あんなにあそこが濡れるものなんですか?

はい。感じてくると、皆さん溢れるように濡れるものです。
 決して恥ずかしいものではありません。
 濡れることで、ペニスを迎え入れる潤滑油の役目をいたします。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q5: 皆さんも、声が自然と出てしまうものなのですか?

はい。皆さん、性感帯を刺激されると自然と声が出るものです。
 我慢する必要もありません。男性は女性のあえぎ声で興奮する生き物です。
 声を出すことで呼吸を整えることが出来、より深い快感を得ることが出来ます。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q6: 処女喪失した自覚がありますが妊娠したりしませんか?

ご心配要りません。射精をしなければ、卵子との着床がありえません。
 さらに避妊具などを使用していれば、精神的な心配も無用です。
 処女喪失後も妊娠のご心配には及びません。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q7: 処女喪失しましたが、性病などにはなりませんか?

ご心配要りません。感染源となる禁並びにウイルスがなければ性病になることがありません。
 サポート前に念のために性病検査を行い、問題がないのを確認してからサポートしております。
 処女喪失後も性病などのご心配には及びません。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q8: わたし以外にもサポートを受ける人がいますか?

はい。第三者の個人情報は教えられませんが、貴女以外にも沢山の女性の方が処女喪失を体験されております。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q9: どうして、スムーズに処女喪失できるのですか?

女性の身体が自然と受け入れてくれるまで、待つことができるのがポイントです。
 セックスに失敗してしまったほとんどの原因が、男性が焦って無理強いして挿入によるものです。
 当サポートでは経験と技術が加味されるわけですから、皆さん無事に処女喪失されております。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q10: あの波打つ感覚をまた体験したいです...

ロストバージンアフターフォローからお申し込みください。
暫くしてから、体が疼いてしまう。あのときの感覚が忘れられないなど多くの声が届いております。
 必要であれば、お気軽にお申し付けください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q11: 性感帯をもっと開発して欲しいです…

おそらくクリトリスならびに全身、リップなどの性感帯がすでに開発されているかと思います。
  触りだけでも膣内の性感帯を刺激されたかと思います。
  お時間を置いてからの性感帯の開発は効果的です。前項同様ロストバージンアフターフォローからお申し込みください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q12: もう一度、ディープキスの仕方を教わりたいです...

口の中にも性感帯があることは学んであるかと思います。
 あとは経験が全てですが、これも前項同様ロストバージンアフターフォローからお申し込みください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q13: フェラチオの練習台になっていただけませんか?

射精する瞬間が見たい、精子に触れてみたい、においをかいでみたい、舐めてみたいなど好奇心溢れるご意見を聞かされます。
 お勉強が熱心な女性のために、いつでも対応ができるサポーターをご用意しております。
 経験が全てですが、これも前項同様ロストバージンアフターフォローからお申し込みください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q14: 一晩中サポーターさんをお借りできないでしょうか?

事務局でお約束することが出来ません。一晩中と成ると、直接サポーターさんへお願いしてみてください。
  待ち合わせ時にご連絡したメールアドレスにて連絡をとることができます。
  ただし、サイトの規約によりサポーターさんから女性への連絡は出来ません。女性から連絡のあった回数分のみ返信ができる取り決めとなっております。
  お勉強が熱心な女性のためにも、前回のサポーターとは別のサポーターもご用意しております。
  経験が全てですが、これも前項同様ロストバージンアフターフォローからお申し込みください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q15: 上手にエッチが出来るようになりたい…

直ぐには無理ですが、エッチをする時に今すぐできる効果的なことなどを教えることが出来ます。
 意外かもしれませんが、陰毛の処理など効果的です。ほとんどの処女は手入れをしておりません。尿が毛先が濡れるほど伸びていると、アンモニア臭がこびりついてしまい、臭くなる原因になります。このほか、沢山の情報をご用意しております。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q16: 彼氏とセックスをする前に、またお願いできませんか?

お気軽にお申し込みください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q17: サポーターさんから連絡をして欲しい

規約により、女性から直接相談を受けた以外にサポーターから連絡が行くことはありません。
 相談事であれば申し込み時のメールにご相談ください。または待ち合わせ時に使用したメールアドレスに送信することでもOKです。
 サポートの日取りとメールアドレスから担当サポーターへ連絡をとり折り返しメールをさせることも出来ます。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q18: お友達を紹介したいのですが…

ありがとうございます。原則、本人の意思が一番大事です。
直接、お申し込みをいただけるようにお伝えください。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q19: 「止めて」と言っても、連続してイカせて…

オーガズムに達してイキそうになると、そのことへの不安感から逃げるようなしぐさをします。
  処女喪失後でもセックス経験が浅いとそのような行動をとります。
そういった女性がオーガズムを連続してイクときは、身体が泳がないように固定されて愛撫されることで頂点に達するまでの感覚に陥ります。
  オーガズムを体感した後でペニスが挿入さけると、今度はまた違った気持ちよさを得ることが出来ます。
  痙攣するほどイってしまった貴女であれば、ある程度の想像がつくはずです。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

Q20: サポーターさんを好きになってしまいました…

好きになるのはかまいませんが、恋愛対象にはなりません。
処女を喪失するための手段であったパートナーです。
 人生を共にするパートナーとのセックスを充実するために、処女喪失をしたはずです。
 あくまでも新たな恋人ができるまでのサポーターです。

処女喪失および処女喪失後によくある質問

元の[ 体験談 ]インデックスへ戻る。


ロストバージンで、お悩みでしたら、この機会をお見逃しなく。
お気軽にメールで、お申し付け下さい。