[ mobile ]

LostVirgin
Information

 ホーム

卒業 体験情報

卒業 サービス

卒業 コンテンツ

卒業 サイト案内

卒業 よくある質問

卒業 感謝のメール

卒業 アフターサービス

卒業 お問い合せ

LINK

SEOアイテム

処女喪失(ロストバージン) よくある質問と答え

処女(バージン)を捨てたい、卒業したい初体験・男性の身体を知らないをサポートするサイト

昔の処女喪失(ロストバージン) よくある質問と答えはこちら。

昔の処女喪失:よくある質問/その答えはこちらです。
初体験(処女喪失)男性の身体を知らない:よくある質問/その答えはこちらです。

初体験。ロストバージンをする前にすべき準備とは?

初体験:男性の身体を知らない(初体験)に際して用意すること。まずは心の準備でしょう。初めての男性と初体験でいい思い出を作るためにも基本的に下着は、汚れていない綺麗なのを着用しておいて下さい。自分自身に気合いを入れるために、新たに購入(勝負下着)してもいいかもしれません。また、意外と忘れがちなのですが、毛の処理です。一応のマナーとして目立つ部分は剃毛・脱毛しておいたほうがいいです。陰毛の毛先は、尿のにおいが染み付きやすく、しょんべん臭いとムードが台無しです。かみそりなどでいきなり大きな範囲を剃るとかみそり負けして、肌に赤いぽつぽつができてしまう危険があります。様子を見ながら、少しづつ剃るか、線香やタバコなどで毛気先を焼く方法もあります。電気式脱毛器などなら簡単に脱毛できるはずです。ぜひお試しください。
初体験当日、もし出血が多い場合には生理用品があれば安心です。

初体験・男性の身体を知らない時にはどんなことを注意すればいいの?

妊娠と性病について注意します。相手の男性が細心の注意を払ってエスコートしてくれるのであれば、そのまま身を任せてしまえばいいです。相手の男性は経験が少なく、知識が薄い場合は、ある程度の知識を自ら学ぶことも大切です。避妊方法、感染症の知識など最低限必要ですが、当サイトのスタッフであれば信頼していただいて問題ありません。何故ならば、サポート前に性病検査および健康診断を念のため受けさせております。事務局で、検査結果を確認した上で、日取りを設定しております。これほどの下準備を整えているのは、信頼して身を任される女性の期待に応えるためです。
初体験。いざ処女喪失となると、大変緊張するものです。それは未知なる体験だから不安が生じます。でも、卒業してしまえば、きっとその不安は吹き飛んで、またしてみたいという期待に置き換わるはずです。
そして、ロストバージンをする前に、今迄にない感覚を覚えるはずです。オーガズムやエクスタシーなどで表現されます。頭の中が白くなるような感じだとか、からだが宇宙に漂っている感じだとか、ひとそれぞれ感じ方が違います。はじめての時は、おしっこがしたくなったり、腹筋に力がはいったり人それぞれです。それはこのオーガズムやエクスタシーに至るまでの通過点でしかありません。自分のからだをありのままに感覚を持って知ることができます。皆さん口をそろえて「気持ちいい」と言います。
同年代のセックスではありえません。痛いのを我慢して処女喪失することが通例ですが、痛くしないでロストバージンを選択することができる時代です。
処女でも、手淫や自慰(オナニー)によりオーガズムやエクスタシーを体験している女性がいます。地図のない暗い道を自ら開拓する女性もいます。しかし、その結果、どれが正しいやりかたなのかわかりません。罪悪感を感じてしまったり、手淫や自慰(オナニー)をするたびに後悔をする女性がいます。このような性的な悩みを真摯に対峙して相談に乗ってくれる人は少ないものです。このサイトを通じて、その手の悩みはすべて解決できます。もう一人で悩むことはありません。
処女喪失(ロストバージン)後に出血をする女性もいれば、しない女性もいます。激しい痛みを訴える女性(当スタッフに任せていただければ、最小限の痛み、痛くしないで初体験ができるように心がけます。)もいれば、すんなり挿入できてしまう女性もいます。
いざ、初体験ともなると、両足が伸びてしまい固くなってしまう女性がいます。これは心理的な不安から生じるものが大きく、男性のペニスを受け入れ辛い体位になりがちです。経験や知識がないと、そのような体位を維持した上で無理やり挿入を試みようとします。挿入痛が増して、さらに怖くなってしまうものです。
このようなときには、リラックスをすることが大切です。初心者同士だと、頭で理解していても実践となると、うまくいかないのが実情です。経験豊かな男性であれば、リラックスすることも、焦ることなく、自然体でいられます。
よくある質問で、なかなか入らないときにはどうしたらよいのかと聞かれます。この場合、お互いが初心者なので、技術的な回答ではなく、無理をしないで、時間をかけてゆっくりと挿入するイメージが大切ですと答えています。
極端な話、セックスに対する経験も知識も浅いカップルは一日で初体験を終わらせようとするのではなく、思い出作りをかねて、何度かにわけるか複数日をまたにかけて処女喪失(ロストバージン)する気持で、挑んでみましょう。
当サイトをご利用する女性の場合はその心配は無用です。マッサージを受ける気分で、足を運んでいただいて、数時間で卒業することが可能です。これはある意味、職人技というべきか手馴れているというべきか、すごいことです。

初体験・男性の身体を知らないと、痛いっていうのは本当ですか?

初体験の際に、男性の身体を知らない女性を対象にアンケートをとったところ、程度の差こそあれ、たいていの女性は少なからず痛みを感じているようです。質問の答えから述べると、「はい」となりますが、通常初体験の際には痛いものだと認識して下さい。ただ、痛いといっても、口の中を切った程度の痛みから、歩けなくなるほどの痛みまでいろいろとあります。なんでこんなに人によって違うのかといえば、処女膜の厚さや強さ、濡れ具合や相手の男性のテクニックなど、いろいろな要素が複雑に絡んできます。そしてなによりも、セックスに対する恐怖心が強いと、膣の周りの筋肉が収縮してしまうので痛みも強くなります。
意外だと思うかもしれませんが、セックスの事前練習として、自慰(オナニー)を覚えてみるのも一手かもしれません。自慰(オナニー)で感じる性感帯を会得していると、セックスの最中、その痛みが緩和されてしまい、頭が真っ白くなっている間に挿入されていて、それほど痛みを感じなかった女性が多くいます。
痛みが少ないか多いかにもなりますが、少なからず痛いと認識してください。もしも、痛くなければラッキーだと思うとよいかもしれません。または当スタッフにサポートしてもらうのも一手です。

処女喪失時の痛み とは耳にするけれど、いったいどんなもの?

実際に他人が処女喪失(ロストバージン)する初体験を見てみたいとは思いませんか?

処女喪失(ロストバージン)をする初体験を見せてくれる友達は皆無に近いと思いますが、処女喪失(ロストバージン)を通じた初体験ものアダルト動画が商品として出回っています。処女喪失(ロストバージン)を初体験するときに、激しい痛みが生じるものだと友達や書籍などから情報を得るものの、知れば知るほど興味がわくものの、実態が浮かばないものです。そこで、実際の処女喪失(ロストバージン)しているとされている初体験もののアダルト動画を観ることができます。

サンプル動画は無料です。前編を観るには課金(有料)されます。 処女喪失(ロストバージン)する初体験のイメージを掴むだけならサンプル(無料)動画だけで充分なはずです。 興味のある方は、処女喪失(ロストバージン)する初体験の動画をクリックして下さい。

リアルな作品です。まだ成人男性の裸に見慣れていない女性にとって、衝撃的な映像かもしれません。もしも、気分が悪くなったり、嗚咽感をするようであれば、動画再生の途中であっても観る事をお止めください。 処女喪失(ロストバージン)する初体験の作品は当サイトは一切関係がありません。 視覚的資料として取り上げさせていただきました。

参考資料として 処女喪失(ロストバージン)した初体験の動画 のPR文を掲載します。

<作品用PR文> 遂に解禁!初の処女モノを某レーベルからいただきました!20歳のあおいちゃん、笑うとタレ目でとにかく可愛い。こんな子が今まで処女だったなんて信じられませんっ!自己紹介をするやいなや「実は、今日が初体験だったんです・・・」とカミングアウト。AVデビューをつる機会に、せっかくだからたくさんの方々に見てほしいと本人たっての希望で今回はカメラにおさめる事を決意。処女喪失(ロストバージン)する初体験を最初から最後まで収録することができた。前編・後編の配信された作品でしたが、今回はそれを一本にまとめての提供です!細い体のわりにはキレイな形のおっぱい、剃り跡一つ無いマン毛にベイビーピンクのおマンコ・・・正真正銘の処女の証!!見よう見真似でまずはフェラをスタート!何をしたらいいのかわからないあおいちゃんが一生懸命にカリをペロペロし、ハメ師が口の奥まで入れようとすると苦痛の顔!ローターでクリを責めた後、いざ挿入ターイム!しかも生!!さすが処女マンコ。奥までなかなか入らず、痛みをこらえて涙する姿も。しかし一生懸命に処女を捨てる姿がなんとも謙虚でたまりません。そして・・・な、なんと!処女なのに中出しと言う豪華なフィニッシュ!!是非この機会にあおいちゃんの20歳の初体験を温かく見守ってあげてください!!

《処女喪失(ロストバージン)を観た後の注意事項》

これはあくまでも処女喪失(ロストバージン)する初体験に対する自己研究用資料であって当サポートの内容とは違います。当サイトでは痛くしないで処女喪失(ロストバージン)が可能です。男性視点および、客観的な映像として観る事ができます。

初体験・男性の身体を知らないと、あの時に出血するのはどうして?

初体験の時に出血するのは、主に処女膜が裂傷するためです。毛細血管が通っているので切れると出血しますが、体質的に処女膜が柔軟な女性ほど出血しません。仮に出血したとしても、大抵はシーツに少し血がつくくらいなのでそれほど心配されることはないでしょう。経験の浅い男性の場合、無理に挿入することによって膣の入り口が裂傷しまう。この場合、赤い鮮血が多く出る症例があります。充分、気をつけて挿入をするべきです。 処女膜は膣の入口の少し奥にあって膣を覆っている粘膜で、鏡に映してみれば自分でも見ることができると思います。指を入れたときに輪ゴムで締め付けるような感覚があれば、それが処女膜です。膜と言っても、もともと真ん中に穴が開いていますので指が入るからといって処女膜が切れているとは限りません。普通は小さな穴が開いていたりします。その穴から、月経時の経血やおりものが排出されています。 処女膜というと「膜」だけをイメージしがちですが、穴の開いている栓または蓋をイメージしてみてください。その穴が広くても、処女膜という栓を落としてあげなければなりません。処女膜が柔軟な場合にはすんなりと入ってしまいます。また、指がすんなりと入るからと言って、初体験の時に痛くないとは限りません。痛いのは処女膜が切れる時ではなく、多くは初めて膣壁(凸状に膨れている場合あり)と処女膜が離れる時、同時に膣の入り口が拡張されることを要求されます。そのうえ、ペニスが無事に挿入されたとしてもピストン運動による摩擦が加わります。自慰(オナニー)の時に指を入れても痛くないとしても、スムーズにペニスを挿入時、無事に処女膜を貫通したあとでも痛む場合があります。 十分に濡れるほど、からだが温まるのを待つ気概で、時間をかけてゆっくり、あわてず女性の反応をみながら、挿入する気持ちが大切です。 反応によってはピストン運動は見送るくらいの配慮は大事です。 ペニスの挿入に慣れてくると、感度も良くなります。からだが、受け入れても大丈夫だと認識するまでの時間は惜しみなく丁寧に、心がけることです。 処女喪失(ロストバージン)したあとで、長い間、出血する事はありません。 ただ、経験が浅いパートナーの場合、裂傷などによる鮮血が(当日だけに済まないで)2~3日ある場合は、迷わずに病院へ足を運んでください。傷口からばい菌などが入ると、大変です。恥ずかしいかもしれませんが、化膿してしまってからでは、更なる恥ずかしい思いをすることになります。

初体験同士なので、セックスのやり方がわかりません。

恋愛関係にある男女が初めての営みをするには事前に勉強が必要です。 わからなくて当然です、心配要りません。 セックスのやり方は書籍であったり、講義などで学びます。 また、すでに経験している友達や先輩からの助言から、ある程度のイメージを掴むことができます。 予備知識を得ることで、少なくても陥らなくてもよいトラブルだけは避けることができるはずです。 経験不足によって、からだに傷を負わせてしまったり、何気ない言葉で心を傷つけてしまいます。 初体験は、初めてだから初体験です。誰もみな、最初から上手に行きません。 現代のような情報が錯綜していない時代でも、初体験を無事に経験しています。 大切なことは、愛し合う2人が共通の試練を超えることに意義があります。 試行錯誤をしながら、経験を重ねていくことで、上手にセックスができるようになるものです。 失敗をしても、いい経験です。 頭で考えるよりも、実践を重ねることで、自分とは違う性器に触れ、反応を確かめながら生きた情報を取り入れていくものです。

ペニスをどこから挿入してよいのかわかりません。

経験のある男性であれば、問題なく挿入ができるはずです。 当サポートを受ける女性であれば、なんの心配も要りません。 しかし、経験のない彼氏の場合では膣の入り口がどこにあるのか明確にわかりません。 女の子のからだを知っていたら、彼氏は初めてではありません。 初めて同士のセックスは、男性が膣の入り口を探しているうちに、お漏らし(射精)してしまったり、お尻の穴へペニスの先端が流れてしまうことも珍しくありません。 電気を明るくして、見つけるのも野暮なものです。 ただでさえ恥ずかしいのに、彼氏に膣の入り口を探させるなんて赤面ものです。 彼氏が、どうしても迷っている様子であれば、女性がリードをしてペニスを膣の入り口まで誘うことができます。 しかしながら、頭で考えていた知識と実践では違うことが、ここで気がつきます。 いざ挿入しようとしても入りません。 激痛が走ったり、挿入の角度が違っていたりするとパニックになって、ますます焦ってしまうことも珍しくありません。 両足を広げて、彼氏のペニスを迎え入れようとしても、いざ挿入となれば、からだに激痛が走り、拒否してしまうのも珍しくありません。 へたに彼氏に助言をするようであれば、彼が初めてであれば「馬鹿にされた」と思ってしまう人もいます。 決して、そんなつもりではないのに、気を配って、嫌われたのでは割に合いません。 一度のセックスにこだわらず、何度かに分けて挑戦する心構えが大事だと思います。 時間をかけることで、膣の入り口が濡れ、ペニスを受け入れられるように広がるまで、頑張ってみましょう。

処女喪失(ロストバージン)をするときに最適な体位はありますか?

初体験のときに、無難なのが正上位です。相手の顔が見れて、最終的に密着できるのが基本です。 ただし、女性の膣の入り口から子宮へと繋がる膣内の角度は、ひとそれぞれです。 正常位でも、女性の両足を持ち上げるような格好になったり、腰を浮かしたり、枕を入れるなどします。 まれにバックなどで初体験をする女性もおりますが、セックスをするには正上位は押さえていて後悔しない体位です。 足を開くことができない。足を曲げられない。正座をすることができないなど、極度にからだが硬い女性は、処女喪失(ロストバージン)を体験する他に、からだを曲げることによって痛みが生じる場合があります。 このようなケースでは違った体位で処女喪失(ロストバージン)をすることをお勧めします。 そして、慣れてきたら正上位くらいはできるようにするのがよいです。 そのあとで、バックなど48手いろいろ試してみるのが良いかと思われます。 そして、自分にとって気持ちの良い体位こそ最適な体位だといえます。

どうしても力が入ってしまい、足を開くことができません。

処女喪失(ロストバージン)をする時には、緊張のあまり体が硬直してしまう。 または恐怖のあまり、両足を閉じてしまう。 膣口に触れただけで激痛が走り、どうしてもその先に進む勇気がわかない。 頭の中で、リラックスすることが大事なのはわかっているけれど、彼氏に言われてしまうと益々硬直してしまう。 男性に裸を見られていると思うと、気になって仕方がない。 何度か挑戦したものの、処女喪失(ロストバージン)をすることができなかった。 彼氏も初めてであれば、無理もありません。足を(膣口が)閉じている状態での挿入を正上位ではできません。 まして、処女(バージン)ですから、すみやかにペニスを挿入することはできません。 経験を踏んでいれば、体位を変えて挿入することも可能です。

処女喪失(ロストバージン)でフェラチオ(尺八)は必要ですか?

未経験である女性が、勃起したペニスをはじめてみたら、さぞかし驚くに違いありません。 触れてみるのはいいけれど、いざそれを口の中に入れたり、舐めたりするには抵抗があって不思議ではありません。 だって、おしっこをするところなのに、舐めたら汚いじゃないと思うのが処女(バージン)です。 ある程度経験をしても、フェラチオ(尺八)をしたいと思えるようになるには大抵オーガズムやエクスタシーを経験してからです。 その理由は、セックスが気持ちがいいということをからだが覚えます。 彼氏が、あなたの膣(バギナ)や陰核(クリトリス)を舐めて愛撫します。すると、それは大変気持ちが良いものでした。 自分がおしっこをするところを彼氏が舐めてくれる。それによって快楽を得た場合、同じように彼氏にも気持ちよくなってもらいたい。 そのような気持ちが芽生えたときに、フェラチオ(尺八)をしたいと思い始めるものです。 彼氏を喜ばせたい。いかせたい。射精させたい。もだえる姿を見てみたい。 このような動機が、おしっこをするペニスであっても彼氏が喜ぶことのほうが重要で、その努力を認められたいと思うものです。 おしっこをする膣(バギナ)や陰茎(ペニス)であっても洗ってしまえば綺麗です。 しかし、処女(バージン)はそこまで考えが及びません。 よって、処女喪失(ロストバージン)でフェラチオ(尺八)をする必要というよりも、するしないはあなた次第です。 もしも彼氏におねだりをされて嫌だったら、ことわっても大丈夫です。 処女(バージン)だったことを理由に、フェラチオ(尺八)まではできないと告げれば、それ以上強要することはないでしょう。 射精をすることが目的であれば、手コキなどのテクニックを駆使して彼氏を満足させることが可能です。

男性の身体が知りたい。でも、妊娠が心配。

初体験はしてみたい。でも男性に抱かれることによって、妊娠でもしていたら大変です。万が一、好奇心でセックスをしたものの、妊娠をしてしまった場合、出産するか中絶するか悩まされます。人生の中で一番大きな悩みに遭遇するかもしれません。 初体験のパートナーと結婚をして、子孫を産む覚悟でない限り妊娠はしたくないのが正直な気持ちです。仮に好きな男性だったとしても経済的な援助が受けられない、一緒に暮らすことができない理由があれば、ことは重大です。 避妊による知識も大切ですが、大切な出産方法も大切です。難しい話は別にして、てっとり早くエッチは体験はしてみたい。女になりたい。その様な女性の悩みを解決するには、頭で考えるよりも実践が一番の早道です。避妊知識が豊富で、実技経験のある男性に手ほどきしてもらうのが安全です。男性もはじめての場合、意志とは違うからだの反応によって、思わぬ射精をしてしまう事があります。避妊用具の使用についても、形だけで本来の使い方と違っていれば問題です。スキンをしていたのに、妊娠してしまった。そういうケースは男性側に問題がありますが、女性も基本的な避妊知識を備えていれば、面倒なことに巻き込まれません。思わぬ悲劇を女性がこうむってしまわないためにも、正しいスキン(コンドーム)のつけかたぐらいは知っておくと損はありません。 無用な妊娠の心配もなく、すべてをまかせられるのが当サイトのサポーターです。何も心配する事はありません。ご希望であれば現場において避妊についての講義やスキン(コンドーム)のつけ方を教わることも可能です。誰でも安心してご利用できます。

男性に抱かれてみたいけれど、病気が心配です。

初体験なのに、処女喪失(ロストバージン)をした後で病気になってしまった。このような体験は、最悪ですね。男性が感染症およびセックスによる基本的なマナーを知っていなければ、このようなことはありません。 無知なパートナーによって結局、負担をかけるのは女性です。はじめての女性のからだに対して、繊細なる配慮を持って大切に取り扱わなければなりません。特に、最初の男性が、はじめてだったり経験が浅いと形だけが先行してしまって、女性の身体を傷つける結果になりかねません。女性も注意が必要です。クラブやコンパなどでお酒が入ると、判断力が鈍ります。身元不明な男性や、素性の知れない男性によって、感染症をうつされでもしたら大変です。その点、当サイトのサポーターは事前に検査を受けさせております。相談を受ける女性の立場になり事務局が確認し、安全第一に対応しております。よってこのような心配はいりません。お医者様から安全のお墨付きを頂いた男性です。また、もう一つ忘れてはならないのが、感染症だけでなく雑菌による膀胱炎や擦り傷などによる炎症にも注意しなければなりません。男性側の知識がないために生じる結果です。爪が伸びているのに膣内をかき回したり、粘液質でデリケートな部分をタイミングを計ることなく擦りつける。摩擦による軽症の火傷に似た炎症を生じさせます。その様な事を初体験で経験したら、二度としたくないと思うのも当然です。 当サイトでは感染症はもちろん、そのほか生じる負担も含めて問題なく対処しています。これが今までたくさんの女性に支持されてきた証でもあり、安心の印です。お任せ下さい。

初体験のとき、出血しなかったので彼に、疑われました。

処女だからといって出血するとは限りません。激しいスポーツをされていた方で、出血はしなかったというケースもよくあります。また、初体験の際、多くはほんのりとシーツにピンク色程度の出血が認められるケースが多く報告されています。 シーツが真っ赤に染まるほど出血するケースは稀だといえます。 膣に触れると赤い血がつく事もあります。
相手の男性が処女にこだわるのであれば、ありのままで大丈夫です。何故ならば、女性を抱いたとき、その女性の男性経験が多い、少ないはセックスを通じた反応でわかるものです。よって、経験が浅いことはわかりますので、それほど気にする事はないでしょう。 処女であることが事実であれば毅然とした態度で相手に伝えましょう。その上で、彼が疑ってばかりいて真実を掴めないのであれば、それは彼の勉強不足です。
笑い話になりますが、生理初日にセックスして彼は納得して喜んだ、という報告があります。その程度の知識でやきもちを焼いているのです。 逆に、処女なのに経験豊かな女性を演じるのは難しいです。キスや、手の回し方などは初歩的なしぐさです。経験がないと、どうしてもぎごちないものです。 セックスを経験すると下着にも注意を払うようになります。同じように、今まで気に留めなかったことが気になりだします。このような窮地に追い込まれてしまった女性でも大丈夫。ポイントを抑えて、ずいぶん前から処女ではないそぶりをすることが可能になります。このような相談も、お気軽にサポーターに声をかけてください。きっとお役に立つ情報をゲットできるはずです。
処女喪失(ロストバージン)したときに血が出ない人もいる。 すでに経験済みでも、生理日にあわせることで処女を演じることもできます。 ただし経験豊かな男性には疑われますが、女性の態度ひとつで、どちらにでも印象付けられます。

初体験後、あそこに何かが入っている感じがします。

初体験無事卒業、おめでとうございます。セックスが終わった帰り道、あそこにおちんちんがまだ入っている感覚になっている報告はおおくあります。今まで、入ったことのないものが入った証です。時間がたてば違和感がなくなります。むしろ、またそのおちんちんの感覚が欲しくなってくるものです。何度もセックスをする事で、今以上に性感帯が発達して、回数を重ねるごとに、だんだん感度が(気持ち)よくなっていくものです。

初体験を済ませた後でも、またしたくなってしまいます。

おめでとうございます。エッチをする喜びを身体が覚え始めた前兆です。回数を重ねるたびに気持ちよくなっていくことでしょう。最初、くすぐったいと感じたところ、今まで、そんなところを愛撫された事もなかったのに、またされたい、したい願望が男と女のセックスライフを楽しく過ごせる傾向にあります。
未婚であれば、避妊は必ずして下さい。相手側の男性にも避妊は必ずさせましょう。
そして、自ら、生理のあった日などは必ず記録につけるようにしましょう。

気持がいいと、声が出てしまいます。出していいですか?

隣にご両親がいるとか、隣室の壁が極端に薄くないのであれば、大いに声を出して結構です。気持がいいときは遠慮しないで声を出したほうが感度が上がります。また、男性は視覚・触覚・嗅覚・聴覚(女性のあえぐ声)でも感じるものです。ガマンしないで、声を出したいときに出してみましょう。

初体験だったのにいってしまいました。

おめでとうございます。嬉しさ二倍ですね。あとは経験を踏むだけです。
おおいに楽しいセックスライフをお過ごし下さい。

参考リンク

処女喪失(ロストバージン)サポートの内容と利用方法の他に、処女喪失および処女喪失後によくある質問と回答をまとめてみました。
あわせて、処女喪失(ロストバージン)の心構えおよび処女膜の位置を画像で、いろいろ知ることで、予備知識を得ることができます。
高齢処女(バージン)においては、若い時とは体のつくりが変化しております。さらに、思春期においても熟女にひけをとらぬ男性を喜ばせる処女にもできるフェラチオ・テクニックもご参考のご利用ください。