処女喪失(しょじょそうしつ)

処女喪失:注意アイコン  この項目には性的な表現や記述が含まれます。

処女(しょじょ)

処女とは家にいる女の意味。未婚の女性。 処女とは男性と交わったことのない女性、すなわちセックスの経験がない女性のことです。 このほか、呼び名は、生娘(きむすめ)・乙女(おとめ)・バージン(ばーじん)などがある。 親が、しまいこむように大切に育てた娘・秘蔵の娘を俗に箱入り娘と呼ぶ。 この場合、ほとんど人手に触れられることがないため処女である。

誰も手をつけていない雪を処女雪と呼ばれるのも、こういった経緯があり、 同じように初めて作った作品を処女作と呼んだり、初めての演説を処女演説という。 まだ誰も頂上に登ったことがない山を処女峰(しょじょほう)といい、その船にとって最初の航海を処女航海(しょじょこうかい)という。 まだ開墾されていない土地や、まだ研究されていない分野・方面を処女地という。 このように処女とは、未知なる初めの一歩を印象付ける表現に使用されるとおり、初めての出来事なのである。

処女喪失(しょじょそうしつ)の定義

このサイトでは処女喪失(しょじょそうしつ)とは、処女を失うことを指す。 すなわち女性が男性(異性)とSEX(セックス)を経験して、処女ではなくなることであります。 (同性愛による性的刺激による交流および交際は除くものとする。異性間に限る。) 俗に処女を捨てる、処女を卒業する、オトコを知るなど表現はさまざまです。 心理的な部分では、女の子から大人の女性へと変わるイメージがある。 しょんべん臭い女から、大人のオンナへの憧れ。 オトコを誘惑する魅力を持った女性など、体験することによって処女の頃とは価値観が変わるものであります。

ここでの女性が男性(異性)とSEX(セックス)を経験するとは性交を意味するものである。 膣の入り口からペニスの亀頭部分が進入し、根元までペニスが膣内へ挿入しきった事を意味する(処女喪失)。

自慰(オナニー)による手淫や大人のおもちゃ(バイブレーターおよびローターなど)等の快楽を通じたペニス以外の挿入は処女喪失とはされない。 同性によるペッティングや前戯での手淫や大人のおもちゃ(バイブレーターおよびローターなど)等の快楽を通じたペニス以外の挿入は処女喪失とはされない。 激しいスポーツによる処女膜剥離による出血および損傷などは処女喪失とはされない。 手術および交通事故などによる処女膜剥離による出血および損傷などは処女喪失とはされない。 仮に処女膜剥離による出血および損傷などすることがない小さなペニスが膣内に挿入された場合、これは処女喪失とされる。 異性によるペニスの進入が膣内に生じたことを以って、男性経験を済ませたといえる。 しかし、当サイトにおける処女喪失は、性交も二度目においてもスムーズにできるように膣の入り口が広がり、大人の女性として男性を受け入れられる状態を以って言うこととする。

童貞喪失

一方、男性が初めて異性(女性)とSEX(セックス)を経験することを童貞喪失という。 または女を知った、男になったとも呼ばれる。⇔処女喪失。

ANAL SEX(アナルセックス)

ANAL SEX(アナルセックス)とは肛門性交(こうもんせいこう)のことです。 性交の変り種で、ペニス(陰茎)を女性または男性の肛門から進入し、直腸へ挿入する行為のことで、広義には大人のおもちゃなどを使うなどして肛門、直腸に関わる性行為のすべてを含み呼称する。 このアナルセックスが未経験な女性および男性はアナルバージンともよばれる。 この挿入経験を体験したものだけがアナル開発済み、アナル喪失、アナルはバージンではない等と呼称する。

同義語

処女喪失の同義語として、ロストバージン(ロストヴァージン)、破瓜初体験女になる男を知る初エッチなど。 ロストバージン(ロストヴァージン)とは和製英語。 英語で「処女喪失」を意味する語は「defloration」です。 英語版のサイトでは、VirginityやLoss of virginityなどを使用されるケースが多い。

破瓜はセックス(SEX)によって処女膜が破れることを意味する。 これはすなわち、処女喪失した時に処女膜が破れるわけであり、男性経験を済ませたことを意味する。 初体験と書いて、しょたいけん、はつたいけんとどちらとも呼ぶことができる。 初体験は主に初めての体験を指し、セックス(SEX)の経験だけを指すものではない。 性交に関する初体験では男女共に初めての性交を意味する。 このサイトにおいて使用する初体験は、概ねセックス(SEX)に対する初体験という意味である。

処女を捧げる

処女を捧げる物語は数多く存在する。 大自然の神々を崇拝し、密やかに暮らす過疎地でのしきたりや、儀式などで耳にする物語である。 これは世界中に分布されている話からして、処女喪失は大人になる通過点であるといえる。 ただし物語によっては、天災や災いを避けるために神々の生贄となり、生命まで絶たれてしまうものもある。 大抵は先祖代々言い伝えられてきた掟であったり、儀式であった。 それをしなければ、恐ろしい災いが降りかかるものとされていた。 処女喪失時のペニスが貫通する時の痛みは、生娘にしてみれば地獄である。 初めての体験で、出血をともなうことによって、恐ろしいことをされたと思われてる有様である。 処女で妊娠すれば、まだ膣口も狭く、子供の頭が通るほど、開かず狭い。 その結果、出産時には予期せぬ事故や痛みが生じる恐れもあった。 性に対する知識が乏しい過疎地で生まれ育った純朴な生娘(処女)に、そこの長が子供の作りかたを教える儀式である。

情報が多く飛び交う現代において、そのような体験がなくなった。 わが日本においては、少なからず宗教による束縛や習慣による隔離など珍しく、自由な恋愛ができる環境である。 さて、処女を捧げるとすれば誰にすべきか考えてみる必要がある。

処女喪失は、一生に1度の体験である。 童貞喪失も、一生に1度の体験であるが、女性のような激痛や出血を伴うようなことはない。

これは、女性にしてみれば人生の節目として、処女喪失する際に伴う痛みを含めて、男性を選択することができる。 処女喪失することは、経験豊かな男性であれば難なく体験することができるが、再び処女に戻ることはできない。 男性を知ってしまうことで、少女(処女)のころのような無垢な気持ちのままではいられなくなってしまう。 それは、セックス(SEX)を通じてオーガズムを知ってしまい、子供の頃に体験したことのない快感を体が覚えてしまうからである。 同じように、男性もセックス(SEX)をするまでもなく射精することを体験することで、子供には戻れない。 思春期を通じて、大人へと成長し始めているのである。

いざ、処女喪失をする場合には本当に好きな異性がいて、その人に捧げたいと思ってもうまくいかないことがある。 捧げる男性が、女性経験が未熟であったりして上手にセックス(SEX)をすることができない。 女性が処女を捧げる気持ちで高揚しても、肝心な男性が、処女とセックス(SEX)をするということは責任を取る。 すなわち、結婚をする義務が生じるのではないかという不安が起きる。 そこで、そこまで決意をしていない男性は、処女を捧げられても困ってしまうため尻込みしてしまう。

処女を守り続けていると、セックス(SEX)を目的とした俗にからだ目当ての男性を排除することができる。 男性側の結婚条件として処女であることは根強い人気である。 これは、性的な魅力のある(セックスをする)女性と結婚する(貞操観念)女性の振り分けである。 男性は女性を自分の所有物としたい傾向がある。 誰も手をつけていない、女性(処女)を独占したい。 このような男性は結婚した女性(本命)が処女であることを喜ぶ傾向にある。

処女喪失をすることによって男性に対して免疫ができる。 結婚を前提としない相手との性的な関係をもつことも非処女となれば気にすることがなくなる。 こうなると、処女の女性よりも簡単にセックス(SEX)をする傾向になる。 つまり、口説かれた男性に対し、からだを許すようになる。 そして、当初から結婚をする気がないセックス(SEX)目的の男性に近づかれやすくなる危険性が生じてくる。 その反面、女性も、当初からセックス(SEX)だけでもよいと割り切れば、数多くの恋愛も臆することがない。 その恋愛経験の中から、いい男性を選択することもが能だからである。

処女であることが人生において有利な場合と、不利な場合がある。 同時に処女でなくなった場合、有利な場合と不利な場合がある。 これはその人の人生において、どちらがよいのかは判別しにくく、自らの決断で判断するしかない。

処女喪失と結婚

近代の日本では女性(処女)は結婚するまで処女を守ることが望ましいとされた。 結婚とは、男女が夫婦となることである。 夫と妻。めおと。婚姻関係にある男女にあたる。 結婚をすることで、セックスを自由にすることができる。 性欲のまま、生物本来の子孫を残す。子供が産まれる。 処女で結婚した女性は他の男性を知らない。 他の男性によるセックスの経験がないため、旦那のセックスが一番気持ちが良いものであり最高のものである。 もしも、この女性が非処女でありながら、処女と偽り、この男性と結婚したとしよう。 この男性のセックスは一方的で、乱暴なものであったとしても、一通りのセックスしか知らない女性は、そういうものだと我慢することができる。 しかし、他の男性によるセックスを知っている女性(非処女)の場合、その我慢の度合いが違ってくるものだ。 性の不一致は、離婚の理由に結びつく。

1970年代頃までは、女性(処女)は処女のまま結婚し専業主婦となるのが一般的だった。 貞操と引換に結婚していた節がある。ここから、処女を捧げるなどという表現が多用されたのかもしれない。

その後、マスメディアがフリーセックスやフェミニズムなど情報が錯綜した。 女性(処女および非処女)は、我慢するセックスから楽しむセックスを求めるようになったといっても過言ではない。 世論の女性(処女)は徐々に結婚前に肉体関係をもつ事で、性の相性を確認するようになった。

子供を産むことによって、自由時間がなくなる。一人の男性に束縛されることになる。 共働きの場合、育児と仕事の両立が耐えられないなどの諸問題が生まれた。 不倫ドラマや文化の交流によって、女性(処女および非処女)が性に対する価値観が変わって行った。

婚活する女性(処女および非処女)。草食系の男子。いろいろな言葉でマスコミが流しているが、結婚適齢期を過ぎても結婚出来ていない女性(処女および非処女)は多い。 出産を考えると歳をとればとるほど女性のからだに負担がかかる。 頭でわかっていても、男性経験がない女性(処女)も多い。セックスに対する経験がない。知識がないため、男性に対して、臆してしまう。 その結果、女性らしく振舞っているものの、オンナにしてくれる男性がいない。 すなわち、リードしてくれる男性がいないのである。

女性が過去に男性経験を持ったにも関わらず専業主婦でいいのであれば昔と比較すれば女性が優遇されている。 婚姻したくない相手とのできちゃった婚や経済的負担と家事的負担の強いられるシングルマザーなど望んではいなかった人生を送る女性もいる。

セックス(SEX)は正しい知識と実技を得ることで、自ら方向性を決めることができる。 セックスの経験があれば、男性任せでなく、自分の判断で決断できる。 処女を喪失したからといって、結婚に不利に成るともいえない。 (確かに処女にこだわる男性も少なからずいるが、その男性が理想の男性とも限らないのも事実である。) 非処女であっても、受け入れてくれる男性は数多くいる。 処女だから、受け入れてくれないというのはない。 その人の魅力しだいで、どちらでも転がる込むのである。 すなわち、処女でも非処女関係なく、その女性の魅力次第である。

処女喪失の痛みと出血

処女喪失の痛みはつきものである。 それは長年、女性が自らのからだを守るため、異物および進入するもの全てに対して危険信号(痛み)を送ることによって、自らのからだを守っているのである。 そのほか、男性の行為によって、膣を傷つけたり、無理に拡張すれば避けてしまったりする。 処女膜が裂ける(破瓜)表現があるが、実際の処女膜は薄く、その根幹にある肉の塊(処女膜リング)が落ちていく際に出血が伴う。 とかげの尻尾のように剥離することが前提についているもので、適切なる手順を踏めば、痛みを和らげるのが可能である。 刺激に慣れていない膣の内部や周り、膣内にある粘膜質とペニスとのピストン運動による摩擦によって刺激される。 これもまた、適切なる手順があって、男性が慌ててペニスを挿入したりしようとすると膣に傷などが生じる。 処女喪失の出血は本来の処女膜リングの剥離だけでなく、傷ついたことにより膣内および入り口の裂傷による出血する場合がある。 しかし、激しいスポーツをしていたり、処女膜リングにたまっていた血がすでに出血している場合、処女喪失後でも血が出ないことがある。 膣内の構造によって、後日出血が見受けられるケースもある。 また非処女であっても、生理および裂傷などにより血が出ることもある。 よって、血が出たからといって、処女であると決め付けられない。 痛くしないで処女喪失するには、それなりの熟練した技術が必要である。

処女喪失の年齢

財団法人日本性教育協会が2005年に行った調査では中学でセックス(SEX)経験がある女性は3%程度である。 過去の年度を調べてみると、どの年度も2~4%である。 そして、高校、大学と学年が進み、年齢があがるにつれて処女喪失が増えていく。

性行動の低年齢化はどちらかといえば男子よりも女子にあらわれている。 さて、処女喪失をしたあとで、その相手と結婚をしているかというとそうではない。 思春期にセックス(SEX)に対する好奇心が芽生えるのは健康な証であり、正しい知識を求められる。

妊娠と感染症の不安

初体験を早期に体験することは自慢できるものではない。 しかしながら、未知なる体験を同年代よりもいち早く実体験したことは同世代の同性に対して優越感を得るものである。 これは思春期ならではの優越感であり、それを否定できない。 ここで注意しなければならないのは、処女喪失をしたいために、セックス(SEX)に関するリスクも学ぶべきである。

特に同世代の男性と処女喪失を体験する場合、正しく避妊をすることが大切である。 処女喪失時の痛みのほか、本人の意思に反した妊娠だけは避けなければならない。 未婚で結婚を前提としない妊娠はほとんどの場合中絶をすることになる。 安易に事後ピルなどの薬に頼ることは危険である。 避妊に対する知識も大切である。

そして、忘れてならないのが、性感染症の心配である。 ナンパや盛り場で知り合った男性および不特定多数の女性との性交渉のある男性は危険である。 処女喪失と同時に性感染症を患ってはならない。

妊娠および性感染症に対して問題意識がある場合、事前にブライダルチェックなどの健康診断を済ませ、処女喪失に挑むのがマナーである。 当サイトで対応するサポーターはすべて、このようなチェックを済ませた上で、紹介をしております。

処女の悩み

処女なのにオナニー(手淫)をしてしまい、終わったあと、罪悪感に悩まされますという悩みを聞きます。

オナニーは処女だから、してはいけないという理由はありません。 むしろ、性的な発展を促進する行為であり、女性ホルモンを分泌させ女性らしい体型を作ります。 想像力および自我の形成力には必要な行為です。

ところが処女および性的な体験が未熟だと、相談する相手がいない。 特に下半身に関することなので、他人にいえない、恥ずかしい。 恥ずかしいけれど、オナニーをしてしまうと、その快感の虜になってしまう。 あまりにも夢中になってしまうため、一度は止めようと思ったものの、またしてしまう。 そんな自分は異常だとひとり、悩み始める。 誰にも相談できない。 そして、再び快感を忘れられずに、オナニーをしてしまう。 終わった後で、止められなかった自分に対して、情けなくなる。 自己嫌悪に陥る。 さて、そこまで自分を追い詰めてしまう理由があるのだろうか。 処女でもオナニーをしてもかまいません。 処女を卒業後、セックスのパートナーができてもオナニーをしても大丈夫。 誰かに、そっと背中を押してもらい、自己否定する理由がないのを知れば、悩みを解消できます。