フェラチオ講座〜彼に悦んで貰いたい〜

大好きな彼氏を悦ばせたい。

フェラチオ(Fellatio)は、男性器(陰茎)を、口に含んだり舌を使うなどして刺激することによって快感を得る行為である。語源は、ラテン語の fellare(吸うという意味の動詞)からくる説がある。

大好きな彼氏を悦ばせたい。
気持ちよくさせてあげたい。
快感に浸る顔が見たい。
思わず、気持ちよすぎて漏らしてしまう彼の喘ぎがたまらない。
オトコを虜にするテクニックを身につけたい。
彼から必要だと思える彼女になりたい。
ベッドの上では娼婦のように積極的になれる技術を会得したい。

様々な願いの根本は「男性を喜ばせたい」という一心で、このサイトを訪れた事と思います。

テクニックはできるだけわかり易いイラスト&画像付で紹介、説明しております。
中には嫌悪感を抱かれる場合には即、ご利用をお止め下さい。
分割したページにて紹介しておりますが、同様の内容が続きますので、立ち去られることをお勧めします。

テクニックは十人十色です。
人の顔が違うように、人の舌・唇・性器など大きさ、色、匂い、感度などが違います。
いろいろな角度から試した結果、二人に合ったテクニックが見つかる事を祈り、ご紹介させて頂きます。

今更ですが、このサイトに於いて、フェラチオとは女性が男性のペニスを口に含み、愛撫する事によって快感をえる行為をさします。
同性同士の指南書ではありません。異性間の行為を対象としております。

一般論ですが、男性は女性からフェラチオされる際に、潜在意識も含め、女性への支配感を強く得ます(精神的満足感)。
同時に女性からの愛情を感じます。

フェラチオが嫌いという男性は女性経験が少なくペニスを口に含めさせる事が恥ずかしい、悪い気持ちになる、見せたくないなどの理由で断るケースもあります。
またペニスに対するコンプレックス(包茎や匂いがするなど)を持っている場合に生じる事もあります。
しかし、通常の男性であればフェラチオをされて嫌がる人はいません。
風俗店でフェラチオを売りにしているお店が乱立していることからも、そのニーズを知る事が出来るはずです。

彼氏と長年付き合って、尊敬して愛情を抱いていてもキスは出来ても、どうしてもフェラチオだけは出来ない。
その理由は、ペニスが排尿する役目もあり、イメージ的に不潔だとか衛生的にもよくない印象を強く持つ女性がいます。
もしも彼に頼まれても、嫌々されたりすれば更に不快感が強くなることでしょう。

生理的に受け付けない女性も、フェラチオを通じてセックスを愉しんでいるカップルもおり、デメリットだけでなくメリットを知った上で、総合的に試みて判断することで価値観が変わることもあります。

まず「はじめてのフェラチオ」では、一緒に入浴する事が出来るようでなければなりません。
恥ずかしくて一緒にお風呂に入れないのであれば彼の自主的なぺニスの洗浄を受け入れるしかありません。
共に入浴が出来れば、納得の行くまで彼氏のペニスを洗ってみることです。

洗わない人差し指をなめるより、洗ったおちんちんをなめるほうが遥かに衛生的です。
視覚的に見慣れていないと、見慣れるまでに時間はかかりますが、「洗ってしまえば綺麗」にする事が大事です。

さぁ。準備は整いました。
最初は、ペニスの先端でもOKです。
軽く唇を当てるだけでもしてみましょう。
それが大丈夫だったら、チュッとキスをする感じで、もう一度試みてみましょう。

●今まで貴女からフェラチオをされた事がない彼は、その努力をしてくれた行為だけでも十分な満足感と喜びを得、感動しています。

貴女は、大好きな彼氏を精神的な満足感を与える事が出来たのです。

おしっこが出る場所、誰にも見せない場所、他の女性が触れる事のない場所に貴女が、同じように異性に触れさせない場所である唇で、やさしく愛撫をする事が出来たのです。
汚い、不浄といった意識を超えた愛情が、ペニスへのキスによって、それ以上の愛を彼に伝えたことに等しいのです。

初めてのフェラチオ

[次のステップへ進む:はじめてのフェラチオ]
フェラチオをしてみたい、上手になりたい。お悩みでしたら、この機会をお見逃しなく、お気軽にメールで、お申し付け下さい。

ロストバージン(処女喪失)体験談 |  ロストバージン |  初体験
破瓜 処女 卒業

copyright 2006-2017 © 痛くしないでロストバージン(処女喪失)