初めてのSEX(セックス)の後で男の本音が見えてきた

セックス(SEX)を体験したからこそ、男の本音が見えてきた。

結婚と処女

 男性は女性に対して、貞節というものに大きな期待と価値を求めている。夫婦(配偶者関係)として守らなければならないことは、女性の貞節及び身持ちの固さはそのうち最も望ましい。逆に貞操観念の欠如(他の男性とのセックス(SEX))は最も望ましくないとして評価されている。

 そこで、結婚前に多くの相手と性交渉を持っていた人びとは、そうでない人よりも不倫に走る割合が高いことが、不倫したことのある人々を対象に統計が語っている。  この統計によれば、不倫の有無を予測する唯一最良の指標は、結婚前のセックスに対する態度であることが明らかにされている。

 そのために男性は、妻になる配偶者に二つの資質を求めている。ひとつは結婚前の純潔(処女)であり、もうひとつは結婚後の貞節である。女性の潔癖さを生み出す気質が齢を経ても変わらないものだと仮定すれば、結婚前の純潔性は将来の貞節を示すものだと考えているからだ。

 この統計は1930年代の話である。この当時、花嫁の処女性は「必要不可欠」と評価されていた。しかしながら、近年の二十年では情報が拾いやすくなり、避妊法の確実性が高まるととに純潔性を保つ女性は低下している。その現代においても、男性が女性に対して純潔性を重視する傾向は変わらない。

 一時的なセックスを求めている男性は、むしろ男性経験の豊富な女性を望むものである。そのほうがセックスできるチャンスが高まるし、お互いが気持ちがいい。快楽を追求するに当たり、経験豊かなほうがその欲求を満たすことが出来る。  これは男性が女性に求める結婚願望であって、女性が男性に求める願望の統計は取られていない。


処女とセックス(SEX)

婚姻市場においては、男性は女性が性的に奔放であることを嫌う。

これはその逆もしかりである。男性が性的に奔放であってもらっては困るものだ。  男子大学生を対象にした調査では、たやすくセックスに応じる女性は配偶者として相応しくなく、性病にかかっていそうだという回答が得られている。その逆もある。女子大学生を対象にした調査では、誰でもセックスを誘う男性は配偶者として相応しくなく、性病にかかっていそうだし、浮気をされる心配があるという回答が得られている。

 

それでは、結婚をしなければセックス(SEX)をしないのかといえばそうではない。婚前交渉をされてから結婚することが珍しくないのだ。出来ちゃった婚というのがあるくらいだから、昔ほど厳格な風習がない。  ということは、婚前セックス(SEX)は社会的に認知されていることになる。

そう考えて、許されるのは20代前半までです。

女は、自分の選(望)んだ男に愛される事が究極の幸せだと信じていました。 実際、同年代の可愛い女の子や、綺麗な子は男性に口説かれて交際していました。 それが結婚に至らなくても、愛し合っている間柄であれば、うらやましいとさえ思いました。バージン(処女)を守るために、男性からの誘いに安易についていったり、二人だけになることを避けてきました。またエッチな話題や、下ネタをすることにも嫌悪を感じていました。

社会に出て、ふと周りを振り返ってみるとバージン(処女)を守ることばかりを考えてしまい、恋愛する機会さえも逃していました。若いときには同世代の男性から、誘われたり、口説かれたりしていました。王子様を心のどこかで探していました。でも、現実社会では、わたしはどこかの国のお姫様でなければ資産家の娘でもありません。特にぶすだというわけでもないけれど、絶品の美女というわけでもありません。

年を取って、生活のために仕方なく理想の男性ではないけれど妥協した現実の男性と結婚した話は聞かされる。そうしなければ生きて行けないからといわれる。高齢とも成ると、バージン(処女)であるがため消極的になりがちです。その上で、よほどの美人か資産家でなければ、理想の男性が積極的になってアタックしてくることはない。アタックしてくるのは、いまいちな男性ばかりであるからだ。結局、女がバージン(処女)でいることで喜んでいるのは男だけでしょう。一番最初にペニスを挿入したという達成感と、右も左もわからない女性だからこそ、セックス(SEX)の選択肢がなくて、どんなに下手糞なセックス(SEX)でも、それが世間で言われているセックス(SEX)であると認識するしかない。バージン(処女)で一人の男と生涯を終わるのは、その男のセックス(SEX)が、全てなのである。その男が変態であったとしても、わからないのである。比較する男性がいないからだ。

いい年をとり、女が自から愛せる男と結婚するには、ある程度積極的に成らなければ成らない。さらに、男性の心を知り、男に好かれるコツを理解する事が必要である。それを理解し、自分のものにするには経験にまさる教師はいない。それには比較対照を知る事も必要である。比較対照できる男性があってはじめて、自ら判断することが出来るからだ。 社会に出て、男性が「女性の容姿を重視」する男は将来、浮気をする。中身を見ないで、うわべだけの男とは、避けたほうがいいといわれました。そして、「若い女の子を好む」男性も危険である。ある程度社会の常識をわきまえた女性は、間違ったことに対して意見を言うが、若い女性は世間を知らず男性の言うがままになる女子を求めている男も避けるよういわれました。そして、「処女」にこだわる男性ほど独占欲が強く、過去に女性とのトラブルがある男性に多いとききました。わたしは男性が処女にこだわるのは別にいやではありませんでした。彼氏が童貞で、ふたりで初体験をすることができれば幸せだと思っていました。

現実社会では、女性の容姿や年齢、処女非処女関係なく家柄や仕事まで、根掘り葉掘り聞く男性はいません。むしろそういうことを露骨に主張する男性は滅多いませんでしたが、本音では若くて可愛くて処女を求めている男性が多いのも事実です。 価値のある時に処女(バージン)を守っていましたが、すでに旬を過ぎてしまっていたのです。確かに、女性の目から見て綺麗な女性は若く結婚していました。 最近では「なに、ぶりっこしているんだ」といわれるようになりました。決して、可愛い子を演じているわけではありません。セックスに対して臆病になりそうです。 そこで、考えました。

処女(バージン)が経験者のふりは出来ないけれど、セックス(SEX)経験者が処女のふりをする事なんていくらでもできるのを友達から聞かされて知りました。

セックス(SEX)が怖いなんていってはいらけない年代です。 そこで、思い切ってロストバージン(処女喪失)することにしました。


FIRST SEX

SEX1 | SEX2 | SEX3 | SEX4
処女の悩み バージンの悩み

無償のアフターフォロー | セカンドバージン | 処女喪失体験談 | 初めてのセックス

不特定多数の性体験豊富な男性には要注意

ロストバージンで、お悩みでしたら、この機会をお見逃しなく。
お気軽にメールで、お申し付け下さい。