年を取るほど処女喪失の機会がなくなる

性感染症報告数

年を取るほど処女喪失の機会が失われる

40代になった女性は『もしかしたら自分は正常ではないのかも』と不安になって、相談があった症例です。

彼女は極度の恥ずかしがりやで、処女でいる理由として今までふさわしい男性と出会えなかったと自己分析されておりました。 メールでのアドバイスでは主に、何故今まで処女であったのか理由を知った上で、自信を持てるように励ましました。 さらに、仕事関係に携わっている人や、友達などの中から関係を持つことを勧めたりもしましたが拒否されました。 そうなると、ありのままの自分を大切にするようアドバイスするしかありませんでした。

半年が過ぎて、バージンを捨てられない理由として、宗教上の信仰のためだと告白されました。 お酒を飲む習慣もなく、休日は一人で過ごすことが多いのだと言いました。

40年にわたり男女の性交渉について経験がない理由として、個人の性格およびポリシーの上に宗教上の理由が重なっていました。 実際のところまじめすぎる性格によるところが大きい、とみなしました。

全体的に25歳までにエッチの経験がない女性は基本的に、恥ずかしがりやで適応能力が低く、異性嫌いや恐怖心がある人が多いものです。 長い間処女であることで、処女性にしがみつきますが、健康な肉体は性的欲求を求めるものです。 ありのままの欲求を解放してあげることで、異性に対する嫌悪から好奇心へ変わるきっかけになります。

まるで、バイクに乗ることに似ています。 バイクに乗る機会を逃すほど、転んだ時の想像が増して、怖く見えます。 経験してみたいとは思わなくなるものです。 でも、若いときにバイクを乗ることを学習した人は、恐怖よりもバイクに乗る楽しみが大きいものです。

処女性を失うことで快く刺激的な人生

38歳でバージン(処女)を卒業した彼女は、目に涙を浮かべて言いました。 『おちんちん、気持ちいい』呪縛が解き放たれた瞬間です。 最初は、陰茎など男性の陰部を指す言葉全部が、口にするのができないほど重症でした。 はしたない言葉だと長年認識しており、言おうと努力すればするほどできなかったそうです。 彼女は敬虔なクリスチャンでした。

32歳でバージン(処女)だった彼女は自分の家族を持っていることを夢見ていました。 しかし、彼女は幼年期に父親から虐待を受けていました。 未だに、誰にも相談できずに心に負った傷があったのです。 彼女は男性に触れることを本能的に嫌うようになりました。 時間をかけて、サポートをすることで癒すことが出来ました。 SEX(セックス)が気持ちの良いものだと知るまでに、そう長い時間は必要としませんでした。

実際に40歳を過ぎたバージンのケースだと、生涯バージンのままで終えることがあります。 男性でも40歳を過ぎて5パーセントの童貞が存在すれば、2パーセントの女性が処女である統計があります。 しかしながら、その内訳として彼らには性別を持っていなかったことを知めことができました。 同性愛者になり、どこまでが処女(バージン)であるのかという定義すら考察しなければなりません。

誰にも知られずロストバージン

ご相談は秘密厳守にて応じております。

誰にも知られずロストバージンのお申込み

誰にも知られずロストバージンのお申込みはメールで24時間受付しております。

 

元の[ 体験談 ]インデックスへ戻る。


ロストバージンで、お悩みでしたら、この機会をお見逃しなく。
お気軽にメールで、お申し付け下さい。