処女喪失の痛みと出血

よくある質問で、「初体験の時に血が出ますか?」と処女の方から訊かれます。 処女喪失時には出血はつきものです。そして、破瓜特有の痛みがあります。この痛みが強いほど出血する量が変わります。 従来、毛細血管が切れる程度で済みます。淡い桃色です。個体差があり朱色が確認できる事もありますが、生理のような出血に至ることはありません。 気を付けていただきたいのが、男性が力づくで挿入すると裂傷が起こり真っ赤な鮮血がでることがあります。傷口が深いと、縫わなければなりません。 大好きな彼氏との初体験です。将来、子供を産むことを考えれば、このくらい我慢ができるはずだと頑張ります。 その気持ちは評価に値しますが、粘膜に深い傷をつけます。そこに雑菌がはいることで、更なる痛みまで体験することになります。 達成したい気持ちはわからないでもありませんが、初体験にあせりは禁物です。 愛する女性が痛がっているのに無理やり挿入する彼氏はいかがなものかと思います。

さて、この痛みと出血を軽減できる方法はないのでしょうか? 結論から先に申しあげればあります。若い女性ほど処女膜は小さく、囲う膜壁は固いです。 膣口と処女膜を結ぶラインがまっすぐになる姿勢ほど神経を無用に圧迫しません。 女性本来の生理現象である性感帯を刺激し開発することで、膣口は濡れ広がります。 痛みを軽減するに当たり、挿入角度に注意することや愛撫などで時間をかけることが大切です。

男性側のペニスが指ほどの極小で細いの稀です。指二本から、缶コーヒーの太さくらいまでを挿入できる技術は熟練した経験がいります。 当サイトでは処女喪失の痛みと出血を最小限にロストバージンをすることができるスキルがあります。

()
処女喪失時の激痛と出血
ロストバージン(処女喪失)初体験の悩み

初体験の痛みと出血

処女喪失の失敗 激痛
ロストバージンによる出血と激痛

また処女喪失後に「痛みと出血はどのくらいで収まりますか?」と破瓜したあとに訊かれます。 このように尋ねる女性の殆どが、セックスが終わった後で痛みを感じています。 あそこが気になって、下着を見ると出血していたりします。血が止まっていたかと思ったら、また出ていることもあります。 真っ赤な鮮血から淡い桃色であったりします。軽度の裂傷による出血です。真っ赤な鮮血が出続けることは本来ありません。 1時間過ぎても出血が止まらない場合は、直ぐに医師に診てもらい傷口を縫う処置が必要です。

初体験の時には、出血が見受けられなかったのが二回目のセックスの時に血を確認することはよくあります。 別の男性とのSEXでペニスの直径が、初体験の男性よりも太い。処女膜がしっかり拡張されていなかった。 出血した血が膣底へと流れとどまっていたものが流れ落ちた。指入れなどにより膣内の粘膜を傷つけてしまった。 ロストバージンが終わった後で、股間に挟まっている感じはあるものの痛みがいつまでも残ることはありません。 処女経験のない男性だと、出血および痛みが生じるものが当たり前だと思っています。 初体験では痛みや出血を最小限にとどめることができるサポーターさんが多数在籍しています。

処女喪失時から気持ちがよかったという女性は存在します。 処女を捨てた喜びと、達成感が幸福度を満たします。 初体験時の感想としてほとんどの方が痛かったといわれます。 次に多いのが、いた気持ちよかったになります。

童貞と処女による初体験は、手探り状態のまま失敗することは珍しくありません。 女性経験がある男性でも、処女との初対面では上手に痛くせず破瓜まで及ぶには至難の業です。 仮に、この激痛を体感することなくオーガズムを通じて気持ちよかったらいかがでしょうか。 ご相談していただけることから、処女を捨てた達成感と、喜びを得ることができます。

痛みと出血関連記事

  • 処女喪失の痛みと出血
  • 薬や痛みどめなど一切無用
  • 2人目が死ぬほど痛かった

薬や痛みどめ一切無用

初体験の思い出
自然体での初体験へのこだわり

初体験時の失敗の原因として破瓜する際の痛みがあります。
女性の立場からすると激痛であり耐え難い辛さです。
ぎりぎりまで頑張って、挿入時の痛みは避けられないものだと諦めて挑んでも失神するかもしれない痛さです。
個人差があるのでしょうが、ここまでくると恐怖が前面に立ち、いざ挿入ともなると体が硬直してしまい拒絶してしまいます。

彼からリラックスをするように言われますが、精神的にプレッシャーを感じてしまいます。
痛みどめや鎮痛剤などの服用をするために病院へ行くことをすすめられます。
スムーズにSEXができるような処女膜を手術する選択肢もあるようです。
でも、ちょっと違う気がして気が進まないことを彼氏に伝えます。

彼氏は挿入準備にローションやゼリーを用意してきました。
挿入時の痛みをなくすための有効なアイテムであることを説明されます。
そして、わたしの身体に液体が注がれ、塗られ、いろいろと考えてくれた結果、裸体を眺めます。
それでも挿入となれば痛くて耐えきれません。まるで人体実験されているかのようでムードも何もありません。

彼氏に愛されている実感よりも、とにかくペニスを入れたいという目的が強く感じます。
彼氏の期待に応えるがために、何度も痛みを我慢して受け入れようと試みました。
わたしのかわだ事態がまだ受けられられる体制になっていないと思いました。
次第に精神的にもダメだと感じるようになると諦めました。

彼氏は「痛くないはずなんだ」「大丈夫なんだけれどな」「緊張のしすぎなんだよ」「もっと力を抜いて」「被害妄想なんだよ」などいろいろ言いました。
わたしの中で、その言葉がぐるぐる回り、痛いうえに罵られているかのような心理的負担を強く感じました。
確かに彼氏はわたしに対して気をつかってくれました。愛しているのもわかります。
だから、その愛する気持ちに応えようと激痛にも耐えようとしましたがダメでした。

終わったあと、やるせない気持ちで悲しくて、涙が出てきてしまいました。
また、あのようなSEXをしなければならないと思うと先行きが不安です。

このような体験は、まだましなほうです。痛みに耐えて、終わった後で出血が止まらない。病院で避けた膣口を針で縫うこともあります。
お医者さんに、あそこを診てもらわなければなりません。初体験で、一度にあそこをいじられることになります。
病院沙汰にならなくても、しばらく痛くて歩けない軽い裂傷であったりします。
この傷口に雑菌が入ることで、かゆくなったり感染症を患うこともあります。

そのような経験をして、ダメだと諦めるには時期早々です。膣の奇形などを除いた正常な膣であれば、スムーズに初体験をすることができます。
要するに身体の準備が整っていないのに、無理に挿入するところに原因があります。
その原因を取り除くことで、スムーズに初体験ができるように応援致します。

初体験動画リンク

処女の悩み
無料サンプル画像及び動画へのリンク

処女を捨てたい

【PRアダルト広告】
イケメン俳優から選択できるアダルト動画

【PRアダルト広告】
処女喪失ドキュメント 2
~一生に一度の貴重な瞬間~

感動の処女貫通式!

私の処女膜何とかして下さい

処女喪失ドキュメント 1

生で処女膜破り

処女喪失 ~純粋少女~

※ 動画サイトは当サイトとは一切関係がありません。あくまでも参考資料です。

処女喪失動画集の続き