痛くしないでロストバージン
ロストバージンのコツ 20代編 処女喪失の心得

ロストバージンのコツ
40代
処女喪失の心得

アラフォー処女の傾向と対策 40代処女は高齢処女のカテゴリーに間違いなく入ります。生理が上がるステージ前に位置する処女です。医療が進み、高齢出産も可能な時代となりましたが、高齢出産はリスクが高いのも実情です。そしてアラフォー処女ともなれば、すでに出産をあきらめている傾向にあります。

 

初めての恋愛で失敗してしまった。

(1)すでに処女を捨てることをあきらめています。

40代に突入する処女となれば、争うことをせず、悟りを開いたかのごとく冷静です。鉄壁の掟が出来上がっている傾向にあります。 「もう、この年になってから今更処女は捨てれない」「一生、処女のままという人生も悪くない」「処女でも人として生きていける」 人生の目標として、どこにむかおうとしているのでしょうか。処女であることを前提に、自ら男性に抱かれることを諦めてしまっている。 40歳を過ぎれば男性からの需要も低く、よりロストバージンの確率はゼロに近くなるものです。

ご両親の干渉が強く、しつけがきびしい家庭で育った女子はロストバージンのチャンスを逃します。

(2)異性とは別物に興味を注いでいる。

仕事で時間が囚われているうえ、ペットがいる、夢中になっている趣味がある。特に、手芸、編み物、庭の手入れなど、一人でするもので男性との出会いに向いてない趣味は出会いにはむいていません。むしろ、出会いを望んでいないので、そのような趣味になるのかもしれません。 一人で過ごす時間をうまく知っているので、出会いがなくても生きていける。それでいいのだと思っている。

高学歴の女性は処女率が高くなる傾向にあります。

(3)40歳過ぎて恋愛経験がないと、どう出会えばいいのか、異性との触れ合いの仕方もわからない。

アラフォー処女ともなれば恋愛経験がないうえ、好きな人ができても直ぐにあきらめてしまう。男性に対しては消極的で、自ら行動にうつすことがないです。 アラフォー処女は異性との接点がなく、生きてこれたという自信がありますが、異性を引き付ける手段を知りません。基礎的なメイク、髪形、ファッションなどワンパターンで、冒険することを嫌い、お化粧もへたくそです。これは、無理もないことですが、デートをするときめき、抱かれたときの安心感、癒しを知らずして人生を終えてしまうのでよいのでしょうか。

●アラフォー処女が、今から処女を捨てる方法

40代処女は家に引きこもる傾向にあります。まずは外出をする。外に出なければ出会いはありません。出会いとは、家を出て会うという意味です。まず、外に出る。 デパートで、自分の年代に合ったお洒落な服を買ってみる。化粧品売り場で、メイクをしてもらう。髪を切る。おしゃれをすることからはじめます。 40代だから、恋愛するのは無理だとあきらめてはだめです。同じように40代で童貞もいるはずです。プラス思考で、まずは人と会う機会を増やすことです。 どうしても処女を捨てたい、死ぬまでにはセックスを経験してみたいと強く悩んだ時にはご相談ください。無償でサポーターさんをご紹介します。ここまで、読んで努力してもダメなら最後の手段があります。この保険があるという気持ちのゆとりがあるだけでも心強いはずです。 人生はまだこれからです。 

痛くしないでロストバージン

http://lostvirgin.iyashi-kei.com/

Copyright (C) 2006-2017 LOSTVIRGIN, All rights reserved.