痛くしないでロストバージン
ロストバージンのコツ 20代編 処女喪失の心得

ロストバージンのコツ
30代後半
処女喪失の心得

アラサー処女の傾向と対策  すでに30代で処女である女性は、愛される男性とは別の喜びを得ている傾向にあります。

 

初めての恋愛で失敗してしまった。

(1) それなりの資産がある。

前項でも触れましたが、30歳過ぎても処女である女性は仕事ができる方が多いです。仕事ができる、すなわち給料がよくなるものです。 シンプルですが、アラサー処女はお金を持っている。安定した仕事があるので、お金がある。さらに貯蓄がある。一人暮らしなのに不動産がある処女も珍しくありません。このままだと、最悪、結婚できないかもと思っていることがあります。 結構な額のお金を貯めているケースが多いのがアラサー処女です。この資産が老後の生活が、安泰であるという錯覚をもたらします。

ご両親の干渉が強く、しつけがきびしい家庭で育った女子はロストバージンのチャンスを逃します。

(2)男がいなくてもやってこれたという自信が出来上がってしまっている。

この年齢まで、男性なしで生きていると、「男がいなくても、最悪別にいいや」と思ってることです。心の中では、男性に寄り添いたい欲求があるものの、最悪、男がいなくても生きていけると自信を持っているので、傷つくかもしれない恋愛に対しては臆病になります。プライドが高くなって、恋することを諦めてしまうものです。 自分は人間としてしっかりしているので、男性に頼らなくても生きていける。この想いは大変危険です。恋愛が下手なのに、恋愛すること自体を否定していることで、恋愛に対して消極的になっていることに気が付いていません。もっと積極的になることが大事です。

高学歴の女性は処女率が高くなる傾向にあります。

(3)恋人や子供の代わりに愛情を動物へ注ぐようになる。

愛情のベクトルが人間ではなくて、動物にむかうようになります。すなわち、ペットを飼うようになります。 このケースにあてはまると、今後も処女を捨てれない確率が一気に加速します。 30代処女で、ペットを飼うと言うことは、恋愛への諦めが成す代替行為です。なぜならば、ペットを飼うことで、帰宅の時間を拘束され、ペットに癒されることで、恋愛の愛情を偏って受け入れます。人間に愛情を注ぐのではなく、動物に愛情を注ぐことで帰結してしまいます。さらに、動物の可愛い顔や表情を見ることで癒されるという時点で、愛情の注がれ方が間違ってしまうものです。本来であれば、異性や子供に注ぐべき時間を人間ではなく動物に与えているので処女は続きます。

アラサー処女の方が、処女を捨てる方法

アラサー処女の女性は30年間、恋愛経験のない鉄壁の城を築き上げてしまっています。ここまでくると、一人では処女を捨てるには困難です。 商業的な恋愛サービスを上手く活用することで、出会いの機会を得るべきです。具体的には、「合同コンパ」「婚活サービス」「お見合いパーティー」等になります。 30代以降の女性は、男からのニーズは若い女性と比較してガクッと減るものです。 ここは、恥ずかしがらずに数をこなすしかありません。単純に、今まで以上に出会いの数を増やすことで、異性に対する経験値が増します。もともと仕事のできる女性なのですから、この経験は財産になります。 なぜ、自分が好きになった男性とはダメだったのか、興味のない男性へはどうすべきかなどの問題点を解決していくことで、自分なりの異性に対する攻略法が出来上がります。まずは出会うことです。無駄な時間を使わず、効率よくお互いにタイプの異性と出会えるものです。

痛くしないでロストバージン

http://lostvirgin.iyashi-kei.com/

Copyright (C) 2006-2017 LOSTVIRGIN, All rights reserved.