痛くしないでロストバージン
ロストバージンのコツ 20代編 処女喪失の心得

ロストバージンのコツ
30代編
処女喪失の心得

20代前半の女性が、処女を捨てたいと本気で思うなら、それほど難しくありません。「出会い」の場に、積極的に参加することです。若いというだけで、多様な年代の男性からアプローチがあります。需要が最も高く、非常に声をかけてくる男性も多いので、怖くなるくらいです。この出会いの機会から、好きな人を選択できるのです。 理想に合致した人はいないかもしれません。けど、少なくてもあなたを求めている男性がたくさんいます。自分の意志によって、いくらでも異性の友達が作れます。まずは、何も考えず、友達から始めることもよい経験です。 出会いの場に行くと、男性から話しかけてきます。軽い男性もいます。そこを見き分ける目を養うこともできます。アラサーに近づくにつれ、男性からの需要はどんどん減っていきます。 処女を本気で捨てたいなら、自分から積極的に行動することで解決できます。

 

初めての恋愛で失敗してしまった。

(1)今まで処女を守ってきたわけだから、理想の人と出会いたい!

『この年齢になるまで処女を守ってきたわけだから、簡単には処女を捨てることができない』と、強い意志の決意が芽生え始めます。変化に対する消極性と、処女である理由の言い訳が、より男性に対して受け身となります。 どんどん理想が高まってしまって、婚期を逃すパターンです。お見合いをして、結婚をすれば少なくても、初夜には処女を捨てることになります。 20数年間、処女を捨てられなかったのに、恋愛経験がない。さらに男性からのアプローチも激減している。近寄ってくるのは遊び人だけになります。それなりのに、恋人にする男性の理想を上げてしまうものです。そうすることで、出会いがあっても理想以下の男性ということで、腰が引けてしまいます。その結果、処女を捨てる確率が、より一層下降気味になっているのに気が付きません。

ご両親の干渉が強く、しつけがきびしい家庭で育った女子はロストバージンのチャンスを逃します。

(2)結婚するまで、セックスはしない掟を決めてしまう。

或る程度の年頃になると、同世代の女性は結婚し、出産しています。自分だけが取り残されている感じになりがちです。その劣等感を排除するために、まずは比較する友達以上のパートナーと巡り合うことを夢見ます。そうすることで現実逃避が、一時的でもできるからです。そして、処女の掟をつくります。 結婚するまではセックスをしない。または、結婚を前提としてお付き合いをする男性としかセックスはしない。よって、ナンパは論外、合コンもあくまで出会いの場である。 「好きな人以外、絶対にセックスはしない」「必ず終電で帰る」「外で深酒はしない」等、独自の掟を作り、鉄壁の守りをします。そうすることで、より処女率が高くなります。 或る程度の年齢に達すると、恋愛には、「勢い」が大事になります。瞬間的に好きになって、どうにでもなれという時こそが、きっかけなのに、自ら抑止してしまいます。年相応のきっかけがあるものです。 30歳近くでは、勢いで付き合ったり、勢いで結婚したり、勢いでセックスしたり事もができちゃうことはよくあります。恋愛は、掟通りにならないのが恋愛です。恋愛をしたことがある人であれば、計算や理屈で思い通りになるものではないことを知っています。 処女の掟は自ら、セックスをする確率を減らしている自覚がありません。

高学歴の女性は処女率が高くなる傾向にあります。

(3)決して、お酒は飲まない。

アラサー処女で多いのが、お酒を飲みません。家で飲んでも外ではのまない。またはお酒を飲むことがあっても、お酒の勢いでセックスをすることは、タブーという位置づけです。男女ともにお酒で失敗をすることがあります。飲みすぎで、気が付いたらセックスしてしまう。このようなことが、良いことだとは思いません。しかしながら、処女を捨てるにはよい機会になることでもあります。 お酒を飲みないと、たいていは一次会で必ず帰ります。もしも、お酒を飲まなくても、2次会・3次会までいけば、酔っぱらった男性からアプローチされることが多いです。また、「相手が酔っていた」という理由がいいわけで、お互いのプライドを保ちつつ、セックスへなだれ込むことがあります。このような機会を、まずしないのが処女特有の防衛反応です。

(4)仕事のできる女性は処女が多い。

男女平等社会といわれて、女性に対する仕事の量も増え、男性よりも能力が高い女性がいます。この手の女性は、たくさんの課題と問題を解決するために自分の時間すら割いてしまうものです。まじめなだけに、男性との出会いよりも仕事を選択します。メイクやファッションよりも、会社の業績が大事です。こうなると、処女を捨てるという気持ち以上に仕事への情熱が高くなるもので干す。 キャリアウーマンの中には仕事も男性も手玉に取る凄腕の女性がいます。けど、20年以上も処女だった恋愛経験のない女性が恋愛と仕事の両立を達成することは困難です。恋愛と仕事はトレードオフの関係になります。そうなれば仕事を選び、より一層男性との出会いがなくなります。

(5)同僚に処女がいる。

身の周りに処女の友達が複数いると、まず安心します。アラサー処女であることも、気にしなくなります。赤信号、みんなで渡れば怖くない心理が働き、むしろ何がいけないのと思うようになります。 周りに処女がいればいるほど、処女を捨てる焦りが消えてしまうものです。もしも、言葉が悪いけれどヤリマンと呼ばれる女性ばかりだと、ちょっと心理状態が変化するものです。友達に処女が1人もいなかったら、「自分も早く処女を捨てなければ」と焦るものです。 人は人、自分は自分です。処女という言葉すら、記憶から消したくなる時期もこのころからです。

30歳前に処女捨てる心構え

20代後半から30際になる処女の女性が、処女を本気で脱出したいと考えるならば男性に対する理想を下げることです。ズバリ、現実を受け入れてください。ここで、結婚をする相手や付き合う彼氏の理想まで下げなくてもいいのです。 人生は旅そのものです。健康な女性であれば性欲があります。性に対する理想を下げることで、異性に対して積極的になれるものです。 想像してみてください。 30歳で、理想の彼と出会いました。恋愛期間が1年ありました。結婚して、子供が生まれるまで最短でも32歳です。高齢出産になるほど母体への影響が大きいです。 子供が成人なるころ、52歳です。42歳で子供を産めば、成人式は62歳です。その子供が早く結婚して子供を産んだと仮定して、孫が見れるのが72歳です。 老後のことを想像してみると、今とは違った思いがこみ上げてくるかもしれません。 また、20代後半は、まだ男性の需要が多いです。が、年を重なるとどうしても、男性からのニーズは減ってしまいます。残念ですが、これは現実。需要があるうちに、処女を卒業し、恋愛にもっと自由になることをオススメします。

痛くしないでロストバージン

http://lostvirgin.iyashi-kei.com/

Copyright (C) 2006-2017 LOSTVIRGIN, All rights reserved.