痛くしないでロストバージン
ロストバージンのコツ 20代編 処女喪失の心得

ロストバージンのコツ
20代編
処女喪失の心得

近年では40歳を過ぎても処女である現象が起きています。当然、そのような女性は20代も処女であったわけです。ではなぜ、処女であったのか共通する特徴をあげていきます。

 

初めての恋愛で失敗してしまった。

(1)初めての恋愛で失敗してしまった。

 精神的トラウマが原因で、恋愛に対して臆病になってしまった。  または初恋に原因があります。 大好きな人との恋愛がうまくいかなかった人が、その想いを成就することがなく結ばれることがなかった。 自分が彼に選ばれることを期待していたのに、別の女性を選んでしまった。 それでもいまだに好きだったりして、彼のことが忘れることができない。  思春期の恋愛体験が、よろしくないとき、その痛みをい゛っと引きずってしまい、処女を捨てるどころか、男性に対して臆病になってしまうものです。 そして、結果的に彼氏が出来ないことになります。  対策として、新しい恋に進むか男性に対する免疫を付けることです。

ご両親の干渉が強く、しつけがきびしい家庭で育った女子はロストバージンのチャンスを逃します。

(2)ご両親の干渉が強く、しつけがきびしい家庭で育った女子はロストバージンのチャンスを逃します。

 家が厳しい親の元では門限が、まず早いことがあげられます。 夕食は一緒に食べなければならない。そのあとの時間帯は外出ができない。 さらに、お小遣いがない、または少ないこともあげられます。 バイトすることは絶対にダメで、結婚するまでは友達との旅行禁止など、家庭のルールが厳しいと出会いの場への接点がないものです。 自由になるお金がなければ、出ていくのも気が引けます。  厳しい家庭で育った女性と処女率の高さは、比例するものです。  ちょっとスれている女友達や、低学歴で感情で行動する女性および家庭環境がうまくいっていない女性は、家の外に自分の居場所を探します。 出会いの場を探すわけですから、異性との出会いも増します。門限がなければ、そのまま泊まることもできるので、意外と処女卒業は早いです。

高学歴の女性は処女率が高くなる傾向にあります。

(3)高学歴の女性は処女率が高くなる傾向にあります。

 天才でない限り、高学歴に至るには勉強する時間が必要です。 必然的に、一日のほとんどを勉強する時間に費やすわけですから、出会いの場がありません。 特に自宅で黙々と勉強しているタイプでは、孤独です。  必然的に、同じように勉強ばかりしている同性の友達は処女です。よって焦らない。  ちょっとおしゃれをして、遊びに行こうとすれば、勉強以外にうつつをぬかしているとご両親に咎められる傾向にあります。 勉強部屋があって、それなりの成績を残せるようになるにはご両親の協力が必要不可欠です。 すなわち、しつけの厳しい家庭でもあることが多いものです。  そして、いつかいい大学に入って、いい男性との出会いを夢見るものです。 今は、出会いの機会がないものの将来は羽を伸ばしてみようと期待するものです。 そのような理由から、今は自分から積極的に「処女をすてるために男性とつきあう」行動をすることがなく、処女を継続することになります。

痛くしないでロストバージン

http://lostvirgin.iyashi-kei.com/

Copyright (C) 2006-2017 LOSTVIRGIN, All rights reserved.